見た目も意識した審美歯科という治療法|歯の問題を解決

歯

歯の病気の怖さを知る

歯科医

歯周病という歯の病気を堺市のテレビコマーシャルで耳にすることでしょう。堺市でよく聞く病名ですがどんな病気か知っておくことも大切です。歯周病は歯と歯肉の間の清掃がきちんと行なわれていないことが原因で、起きてしまう炎症性の疾患です。最近が進行すると歯肉がだんだんと赤くなって腫れてしまいます。
歯周病が進行すると歯と歯肉の間の境目が深くなってしまいます。この溝がよく堺市のコマーシャルでいわれている「歯周ポケット」です。ひどくなると歯を支えている土台も溶けてしまい歯が動くようになってしまいます。最終的には歯を抜くということになってしまう病気です。
口内には約300から500種類の細菌が住んでいるといわれています。普段からしっかりとした歯みがきをしていれば、この細菌たちは悪さをすることはないでしょう。砂糖などをたくさん取ると細菌がネバネバした物質を作成して表面に付着します。この付着した物質が歯垢といいます。歯に付くとうがいをしたりするだけではなかなか落ちません。
歯周病はこの歯垢内部の細菌が原因で炎症を発生させて、最終的に歯を支えている骨を溶かしていく進行方法なのです。
堺市の歯医者では上記の歯周病の治療は可能です。大事なのは歯周病予防と技量の高い歯科の診断、かかってしまった場合の治療、そして定期的なメンテナンスでしょう。昔は不治の病ともいわれていた歯周病も医療技術の進化により進行を止められるようになりました。とはいえ病気にならないのが一番なので歯みがきを徹底すること大切です。